米国は日本と韓国に中国の技術に反対することを期待しています

米国は日本と韓国に中国の技術に反対することを期待している

元GoogleCEOのEricSchmidtは、中国の人工知能技術またはAIの能力の向上について語った。これらの時代に、彼は潜在的に中国の進歩と戦いそして克服するために日本と韓国と協力する可能性について話します。 

シュミットは2001年から2011年までGoogleのCEOを務め、その後、米国の人工知能に関する国家安全保障委員会の委員長に就任しました。それ以来、彼はその立場を利用して、世界中のテクノロジーと人工知能の変化と、それが米国とどのように関係しているかについて話しました。 

彼はまた、「数年」の彼の見積もりと比較して、中国がどのようにさらに進歩したかについて議論した。シュミットは、アメリカがまだ達成していない特定の進歩に中国がどのように近づいているかについて話しました。これには、量子コンピューティングと合成生物学が含まれます。 

日経アジアの報道によると、シュミットは日本、韓国、そしてアジアやヨーロッパの他の国々との潜在的なパートナーシップについて話しました。これは、人工知能技術に関して、彼らが最高かつ先進国の1つとしての地位を維持できるようにするためです。 

「私たちは日本の研究者、日本の大学、日本政府ともっと緊密な関係を築く必要があります。韓国人にとってもヨーロッパ人にとっても同じことです」。シュミットはまた、ワシントンは計画について話し合い、他のアジア諸国とのより良い関係を確立するための調整グループを考え出すべきだと述べた。 

彼はまた、日本や韓国のようなアジア諸国について、そしてそれらがどのように手を伸ばし、調整グループを作ることができるかについても話しました。 

「日本グループには、重要なことについて私たちの見解を共有し、大学が互いに話し合い、企業が情報を共有していることを確認するために、日本政府内の人々の調整グループを作りたいと思っています。共に働く’。 

現在のところ、日本、韓国、その他のアジアやヨーロッパの国々と協力する具体的な計画はありません。シュミットは、年末までに導入されるべき計画について話し合った。それまで、米国はこの取り組みにおいて潜在的なパートナーに手を差し伸べるための動きをしている可能性があります。 

日刊ニュースについて日刊ニュース

は、日本と韓国のすべての最新情報を提供する日本のメディアです。私たちのウェブサイトにリストされている記事を読んで、新しい記事のために毎日戻ってきてください。また、週刊ニュースレターに登録して、新しい記事がリリースされるたびに最新情報を入手することもできます。 

日本と韓国のローカルニュースについてもっと知り、最新情報を入手することほど良いことはありません。質問や懸念については、当社のWebサイトまたは電子メールでメッセージを送信してください 。できるだけ早く回答します。 

コメントする