天気予報が遅れて予測できないことが多いのはなぜですか?

天気予報が遅れて予測できないことが多いのはなぜですか?

天気予報は、地域の環境の自然の力に依存する不正確な科学であるため、予測できない場合があります。天気は常に特定の場所に固有であり、どの都市も同じ予測をすることはできません。あなたの地元のニュースアンカーがあなたにその日の天気予報を伝えることができる前に考慮される必要があるすべてのものを測定するのに多くの時間がかかります。 

予測が遅れるが多い理由

ことこの科学に関してあなたが理解しなければならないことは、正確な予測を思い付くのが難しいということです。科学者は基本的に周囲の証拠を使用して、将来何が起こるかを予測しています。 

また、天気予報が間違っていたり、遅れたりすることもあります。天気予報士は明日は雨になると言うかもしれませんが、朝は晴れて湿度が高くなります。これは、夜になると雨が降り、朝は晴れているからかもしれません。 

それは人間の心と同じくらい予測不可能であるため、空では多くのことが起こる可能性があります。簡単に言えば、雲は科学者が知らないうちに気まぐれで気が変わる可能性があります。彼らの予測は可能な限り正確ですが、天候の進路を変える可能性のある他の力が自然界にあります。 

天気を予測することになるとすべてが不確かですが、それはあなたが次の日に備えることができるようにあなたにとって良いガイドです。たとえ100%の確率でそれを信頼できなくても、ニュースで天気予報を聞いても害はありません。科学者が最高の設備を持っていたとしても、予測が常に正しいとは限らない可能性があります。 

天気予報が重要なのはなぜですか?

予測が遅れたり、正しくなかったりしても、天気予報は多くの人に役立つ科学です。私たちの日常生活にとって重要である理由のいくつかを次に示します。

  1. 天気予報がその日の天気予報は、人々が準備するのに役立ちます。傘と上着のどちらを持参するかを決めるのに役立つ要素です。人々はまた、彼らが来たる日と週のために行うであろう活動を決定するでしょう。 
  2. 家族や中小企業にとって、問題を解決するのに役立ちます。天候は、人々が計画しているかもしれない生産と旅行を停止させる可能性があります。今後数日でおそらく何が起こるかについてのガイドを持つことは、人々が彼らがやりたいことを計画し、天候によって影響を受けるかもしれないことをキャンセルするのに役立ちます。 
  3. 農民や庭師は、天気予報を利用して、作物や植物を保護する方法を計画しています。それは彼らが起こり得ることへの準備と差し迫った破滅で彼らの作物を保護するのを助けることができます。 

コメントする