COVID-19:効果ではまだ日本の外国人ビジター潘は

COVID-19:日本の外国人禁止はまだ 

観光客の有効ですCOVID-19のパンデミックが始まって以来、日本は最初に観光客との国境を閉鎖した国の1つです。これは、ウイルスが最初に爆発したときに世界で最大のケースの1つであるため、ウイルスの拡散を防ぐためです。 

現在、彼らは人々を保護し、夏季オリンピックを主催するために国を準備するために彼らの外国人訪問者の禁止を拡大しています。公式トーチリレー開始の1週間前の3月21日に解禁される。 

さまざまな国からの短期出張がその国で許可されます。中国、韓国、シンガポール、ベトナムからの訪問者は、新しいCOVID株のため、引き続き入国できません。菅義偉首相は記者会見で、この禁止措置は新しい菌株が国内に広がるのを防ぐのに役立つと述べた。 

2020年12月に国内での事件が増加したため、政府は外国人の入国を停止することを決定した。新しい株が出現し始めたので、非常事態も2021年1月に宣言されました。 

国内での出張は、他国との緊密な関係を継続するために許可されます。彼らは、短期および長期の訪問者が利用できる「ビジネストラック」と呼ばれる手順を開発しました。 

このような手続きは日本にもありますが、サービス業や農業業界の多くの人が国境を開放することを求めています。これは、彼らがすでにビジネスに影響を及ぼしている労働力不足に苦しんでいるためです。

3月21日に終了する外国人訪問者の禁止後も、入場制限と要件があります。これは、さまざまな国で蔓延している新しいCOVID-19亜種の蔓延を防ぐためです。

日本の現在の制度では、外国人の入国は認められていません。有効な居住許可がある場合にのみ、この規則が免除されます。彼らは国を出入りする前に陰性のCOVID検査さえ必要としました。人々はまた、到着時に14日間テストされ、隔離されます。 

しかし、東京五輪の開催に伴い、国民の規制を緩和する計画だ。彼らは、彼らや、治療を受ける必要性や別居した家族のような他の場合のために許可証をリリースすることを計画しています。 

入国管理局によると、2019年には3,190万人の外国人観光客が訪れました。国境の制限と閉鎖により、翌年には431万人に減少しました。日本は昨年秋に国境を開放したばかりで、この期間中、171,923人が日本を訪れました。 

菅首相は、このパンデミックに直面している間、警戒を怠らないよう人々に忠告した。これは、新しいCOVID-19株の蔓延を食い止めるためです。 

コメントする