韓国 オリンピックの期間中、変なホテルを独占し放射能から守るため独自の食事を支給

2020年東京オリンピックに出場する大韓民国選手団が、オリンピックの期間中、安全な韓国産の食材で作られた食事を支給すると発表した。

大韓体育会が日本のホテルを丸ごと貸し切り、韓国鎮川(チンチョン)選手村の調理師を派遣することも決定。

2日、大韓体育会は「昨年末に日本の千葉県にあるホテルと賃貸契約を終え、ここを選手団の供給支援センターとして活用する」と明らかにした。

このホテルは都内にあるオリンピック選手村まで車で20分の距離にあり、80人を収容可能なレストランもある。

貸し切ったホテルは『変なホテル』で、また食事は空輸で送られて来る。

大韓体育会はこのホテルを丸ごと貸し切り、10人余りの鎮川選手村調理師を派遣し、韓国産食材で作られた食事を24時間体制で安全に提供するという。

また調理師は毎日選手たちの注文に応じて料理を提供。その際には日本産食材を徹底的に排除する。

東京2020の統一:2つの韓国の物語東京2020

の最新ニュースについてもっと知りたいですか?ここ日刊ニュースでは、お届けします。 

国際オリンピック委員会の委員長は、北朝鮮と韓国が2020年の東京夏季オリンピックで合同行進をしたいと要請したと述べた。彼らはまた、さまざまなスポーツで1つの国としてプレーしたいと考えています。 

2018年の平昌冬季オリンピックで一緒に行進した後、両国は2032年のオリンピックに入札することを計画することにより、両者間の緊張を和らげようとしています。 

「どちらも、東京2020オリンピックに参加し、行進に参加し、さまざまなスポーツのチームを統合することに非常に関心を持っていることに注意してください。」 IOCのトーマス・バッハ会長は語った。

北朝鮮と韓国は、女子バスケットボール、女子ホッケー、柔道混合チームイベント、および一部の男子と女子のボートチームの合同チームへの参加を要請しました。しかし、彼らは最初に予選トーナメントに合格する必要があります。 

バッハは、両者の違いを脇に置き、2023年の入札を推し進めるという決定を進めたため、両国を称賛した。 

「これはオリンピック精神の素晴らしい象徴だと思います。これもまた、オリンピックの統一力の素晴らしい象徴です。」バッハは言った。

「スポーツは引き続き橋を架け、オリンピックの統一力を発揮します。したがって、私たちは、2032年のオリンピックに向けて韓国の共同候補を提案するという2つの韓国の歴史的なイニシアチブを暖かく歓迎します。彼が追加した。

韓国の文在寅大統領は、異なる首脳会談で北朝鮮の金正恩大統領と会談し、両国の外交関係について話し合った。これにより、昨年から彼らの間の緊張が緩和され、改善されました。 

都鍾煥(ド・ジョンファン)のインタビューで、韓国のスポーツ文化大臣は「韓国は北朝鮮と共同で2032年のオリンピックを主催することを大いに望んでおり、一緒に大会に入札するために努力する」と述べた。

また、北朝鮮のオリンピック委員長でスポーツ大臣のキム・イルグク氏へのインタビューで、両国のオリンピック招致を確認した。 

「韓国と韓国の指導者たちは、2032年にオリンピックを開催するつもりであることに同意した。韓国と一緒に入札するという見通しに非常に感動し、興奮している」と彼は述べた。

「私たちは韓国が提唱した概念に同意し、ソウルと平壌でオリンピックを共同開催するためにバッハ大統領とIOCの支援を求めます。」彼が追加した。 

IOCは通常、7年前にオリンピックを授与します。だから入札は早く始まった。

2020年東京オリンピックのニュースをもっと知りたい方は、こちらの日刊ニュースでフォローしてください。 

コメントする