日刊ニュース:日本は韓国との関係を改善することを躊躇している

日刊ニュース:韓国の文在寅、日本は韓国との関係を改善することを躊躇し

大統領にもかかわらずている-二国間関係を改善するために日本に合図を送ることで、彼らはまだ返答したり、そうする意思を表明したりしていません。交渉がまだ進行中である可能性はありますが、これらの関係を改善するための公的な行動はありませんでした。

これは、最近の米国大統領ジョー・バイデンと彼の政権が三国間の関係を改善するよう呼びかけたことによってもたらされました。彼らはまた、中国と北朝鮮の問題に対処することに重点を置いています。バイデン政権は、両国の同盟国として、韓国と日本の間の分裂が戦略的および安全保障協力を強化する際の障害となると信じていた。

彼らは最近、両国が協力し、同盟間の協力を回復するのを支援することに取り組む意思を表明した。

これを受けて、韓国は2020年以来、日本との関係を改善しようと努めており、彼らに利益をもたらす政策を採用している。彼らはまた、日本の植民地時代に日本企業が韓国の戦時中の労働者の犠牲者への補償を提供することを拒否したときにボイコットした後、日本の製品の使用に戻った。

しかし、日本はこれらの要求を、戦後の日韓関係を改善するための基盤と見なされていた1965年の正常化条約と請求の解決協定への挑戦と見なしている。 

一方、日本のオブザーバーは、韓国との関係を改善することによる悪影響は見ていません。しかし、菅義偉首相がなぜそうすることに消極的であるように思われたのかという疑問が生じる。

なぜ彼らは躊躇しているのですか?

安倍晋三政権時代に内閣官房長官を務めていた菅氏が韓国への信頼を失ったことが一因と考えられる。これは、2015年に行われた慰安婦問題に関する安倍首相と朴槿恵前大統領の合意を尊重することを拒否した後です。

もう1つの考えられる理由は、月の任期が1年未満であるため、菅と彼の政権は何でも恐れていることです。彼らの合意は新大統領によって無視されます。結局のところ、彼がまだ安倍内閣のメンバーだったとき、彼らはすでに同じことを経験しました。

世論調査によると、日本は中国よりも韓国との関係が良好である一方で、韓国に対して強い否定的な感情を抱いている日本人がまだ多い可能性もあります。また、中国に対する否定的な感情にもかかわらず、人々は日本と中国との関係がより重要であると信じていることも調査で明らかにされています。 

政権にとって悪い、

菅はまた韓国に妥協を与えることは、特にそれが将来変化する場合、彼の政権にとって悪いことになるだろうと考えています。日本政府も月政権への不信感を表明している。彼らにとって、韓国はまず、2015年の慰安婦協定についての信頼の一部を再構築し、相互合意に達するための措置を講じる必要があります。 

両政府は、長期的な合意と決定に移行できる場所について相互理解に達する必要があります。

コメントする