全国1,000店舗の無人ファミリーマート

ファミリーマートは、2024年末までに全国に約1,000店舗の無人コンビニエンスストアをオープンすることを楽しみにしています。ストアには、他のファミリーマートチェーンが提供するすべてのものが含まれます。これは、日本で最大規模の自動化店舗の展開の1つになります。 

昨年、日本は、事業所が現場に従業員を置くことを許可する制限を変更しました。国の人口が減少し続けるにつれて、労働危機により、より多くの企業が業務を最適化するためにデジタル技術に目を向けるようになると予測されています。 7カ国のグループの中で、日本の労働生産性は、経済協力開発機構の他の37のメンバーの中で最も低く、21番目にランクされています。

ほとんどの食品衛生規制は、小売業者が現場の衛生監督者の下で食品を取り扱うことを義務付けています。自動化は小売業にとって重要になり、他の業界の効率向上を支援しています。 2020年6月、保健省と労働省は、規制緩和の小売業界グループからの繰り返しの要求に応えて、パトロールによって衛生管理を実行および運用できると述べました。 

自動化された店舗への好奇心を刺激するものの1つは、支払いシステムです。 公平性を確保するために、店舗にはAIを搭載したセキュリティカメラが設置され、棚には顧客が入手した商品や製品を追跡する重量センサーが設置されます。 顧客は、商品名と価格がモニターに表示される決済端末の前に立つと、オンラインまたは現金で支払うことができます。

これは、バーコードをスキャンする手間を省く顧客にとってより効率的な購入方法であり、万引きの防止にも便利です。個人の識別につながる可能性のあるお客様のプライバシーを保護するために、顔画像などの個人のお客様データは収集されません。これにより、自動化されたストアに入るときに、顧客がアプリや生体認証を必要とすることもなくなります。

ファミリーマートは、自動化された店舗で事実上入手可能な3,000の商品のほぼすべてを販売できると主張しています。これは7月に東京のトライアルストアでテストされたもので、ファミリーマートのアウトレットの約30%の大きさであるわずか50平方メートルでした。これにより、顧客が決済端末のモニターを介してアルコール飲料を購入したかどうかを監視し、顧客が有効な年齢であるかどうかを識別することもできます。

ファミリーマートは、自動化された店舗で10名のお客様とのシステム運用に問題がなかったため、拡張の規模を拡大することを決定しました。スタッフのいない店舗向けのテクノロジーを開発する東京にあるTouchTo Goは、システムの専門知識を提供しました。東日本旅客鉄道が興味を持っており、ファミリーマートもそうです。

自動化された店舗は、従来のファミリーマート店舗よりも開店にかかる費用が約20%高くなりますが、スタッフは商品の収集と在庫のみを必要とするため、人件費は大幅に削減されます。公正取引委員会の調査によると、フランチャイズ店の運営費の60%は人件費で占められています。

コメントする