江戸前鮨 vs サーモン 正直、どちらが好きですか?

この記事は約2分で読めます。

1:2019/08/27(火) 12:38:42.85ID:PZobv3m50
http://www.hokkaido-nl.jp/cawm-content/uploads/2019/08/201908261505030_l.jpg

胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)で操業する秋サケ定置網漁が9月1日に解禁される。同海域では2016年から
不漁が続いているが、道の研究機関によると、今季は胆振沖に回帰する秋サケは前年より29%増と回復する
予測が出ている。この見通しに苫小牧の漁業関係者は期待を寄せており、例年以上に出漁準備にも力が入っている様子だ。

胆振海区漁業調整委員会の集計によると、胆振4漁協(室蘭、いぶり中央、苫小牧、鵡川)の過去5年間の水揚げ量は
14年116万匹、15年144万匹と100万匹の大台を維持してきたが、16年は66万匹に半減。
17年は52万匹で記録的な不漁となった。18年は66万匹でやや回復したものの、漁業者にとっては厳しい状況が続いてきた。

近年の不漁続きの要因について、秋サケの資源状況を調査研究している道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場(恵庭市)の
畑山誠研究主幹は、胆振からオホーツクにかけた太平洋の海水温が12年と13年は平年より2度低く、放流した
稚魚の多くが死滅したと推測。このため、放流から4〜5年後に胆振へ来遊する秋サケが16年から激減したと指摘している。

http://www.hokkaido-nl.jp/article/13242

19:2019/08/27(火) 12:56:49.43ID:ETacLTkv0.

松前漬け軍艦

7:2019/08/27(火) 12:41:05.40ID:FuZLHGiZ0.

炙りサーモンうまい

書き込みエリア

タイトルとURLをコピーしました